被災した子どもをサポートしている教職員・保護者さまへ


本文なお強い余震が続いているなか、水分補給、食事、安心して眠れる場所、といったことにご尽力されていることと思います。
しかしいずれ、余震も少なくなり、必ず落ち着いた生活が戻ってきます。そのころに、それまで気丈にふるまっていた子どもが、不調を訴え始めることがあります。
日本ストレスマネジメント学会は東日本大震災後に、一般社団法人・社会応援ネットワークの制作のもと、「こころのサポート 映像集」を監修いたしました。今回の熊本地震で被災した子どもたちの少しでも力になればと、社会応援ネットワークが、さまざまなストレスマネジメント技法を、YouTube やPDFファイルで掲載されました。
学校や地域で活用頂ければ幸いです。

http://shakai-ouen.com/

日本ストレスマネジメント学会・理事長 冨永良喜