□日本ストレスマネジメント学会主催研修会 2019


県民フォーラム「最新教育支援事情 山梨県の特別支援教育と認知行動療法による支援の実際」

 現代の教育のキーワードは,「共生社会」「チーム学校」「協働」です。
 新しい時代の学校には、誰もが社会に積極的に参加・貢献することができ、相互に人格と個性を尊重し支え合い、多様な在り方を認め合える「共生社会」を目指すことが求められています。またそのためには、子どもや保護者、教員に加え、他職種の専門家も「チーム学校」として「協働」することが不可欠だと言われています。
山梨県の教育環境は、学校と地域との結びつきが強くチームとして協働しやすい環境にあります。
また、平成 30 年度から全国で高等学校における「通級による指導」が始まりましたが、まだ準備段階の都道府県も多い中、本県では既に授業を開始しています。臨床心理学の専門家と協働し効果検証も行っており、全国的にも先進的な県だといえます。
さてこの度、山梨県の高等学校での特別支援教育について現在進行中の取組を県民のみなさまに多く知っていただき、これからの新しい学校づくりに向けての 可能性や課題をいっしょに考える県民フォーラムを企画しました。 保護者のみなさま、学校関係者のみなさまだけでなく、山梨県での教育支援の最新事情にご関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。

【日 時】平成31(2019)年3月24日(日) 13時00分 〜 16時35分
          受付 12時30分〜

【会 場】山梨県防災新館 オープンスクエア
【プログラム】
第1部 13:00〜15:30 公開講演会&シンポジウム ・無料・1部のみの参加も歓迎いたします
   公開講演会
    「発達課題に対する認知行動療法による支援の実際」
        講師:小関俊祐(桜美林大学/日本ストレスマネジメント学会常任理事)

第2部 15:45〜16:35 支援者&保護者のための体験会   ・有料・(保護者&教員1,000円/一般1,500円)
                              *当日、会場にて申し受けます

【参加対象】どなたでも、ご参加いただけます
 *小中学校や高等学校での特別支援教育に関心のある方や心理療法の手法による教育支援に関心のある方など、一般の方々の参加を歓迎いたします。 座席に限りがありますので(50 席程度)、お早めにお申し込みください。
お申し込みはメールにてお願いします。yks@qc4.so-net.ne.jp(@マークを小文字に変えてください)

【その他】
主催 日本ストレスマネジメント学会
後援 山梨県教育委員会
共催 山梨県学校臨床研究会

チラシチラシ→