■「特別の教科 道徳科」実施に伴うストレスマネジメント教育による道徳科授業案の募集について

教育現場において平成30年度より小学校で「特別の教科 道徳科」がスタートします。H27年度現在,恐らく多くの各都道府県教育委員会は,文科省の調査官を招いて新しい道徳科についてどのようにすすめていくことが求められているのかについて研修し準備している段階だと思います。

新しい道徳科の中では、これまでの読み物教材から「問題解決的な学習や体験的な学習,役割演技やコミュニケーションに係る具体的な動作や所作のあり方等に関する学習などの指導」が推進されることになっています。このことは,「道徳科」において心理的な活動が推進されることだと考えられ,「道徳科」においてストレスマネジメントが導入される機会であるとも考えられます。
児童生徒にとって,道徳科の中でストレスについて体験的に学習できる機会が得られることは,いじめ防止やこころの健康の視点からも有益だと考えています。

本年度会員の皆様から「道徳科」で実践できるようなストレスマネジメントの授業案を募集したいと考えています。すでに個人的に良質な実践に取り組んでいる会員の方も多くいらっしゃる状況の中,皆様の活動を「道徳科」の枠組みとしてひとつにまとめ,「実践に役立つ資料」ができれば社会に貢献できるのではないかと考えています。

→「特別な教科 道徳」 内容 一覧表

→道徳授業案フォーム(MS-Word形式;20KB)
→道徳授業案フォーム概要(MS-Word形式;23KB)

→道徳授業案フォーム作成例(PDFファイル)




backback