Information

・講演会、出版案内等ストレスマネジメントに関わるお知らせです

セミナーのご案内
2016/09/11

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 睡眠障害センター よりセミナーのご案内がきましたのでお知らせいたします。

*************************
私どもでは例年、不眠症に対する認知行動療法を医療現場で円滑に取り組むことができることを目指し、講習会を実施しております。

本セミナーは「臨床心理士」資格取得者の研修機会として承認を得ております。

また、学校心理士資格更新ポイント申請中です。

詳細なスケジュールはホームページをご確認ください。

また、お申し込みにつきましても当センターホームページより承っております。

国立精神・神経医療研究センター「不眠症の認知行動療法セミナーのご案内」ページ
http://www.ncnp.go.jp/hospital/sd/rinsho/seminar04.html
お申込み先:https://hsp-ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/14(ベーシックコース)
https://hsp-ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/15(アドバンスコース)

■講師:
・東京医科大学
 中島 俊先生
・早稲田大学人間科学学術院
 岡島 義 先生
・東京慈恵医科大学
 岩下 正幸先生
・東京慈恵医科大学
 山寺 亘先生
・NCNP 睡眠障害センター センター長
 亀井 雄一先生            他

■日時:
・ベーシックコース:11月5日(土)9:30〜17:00
・アドバンスコース:11月6日(日)9:30〜17:00

■会場:
 東京都小平市小川東町4-1-1
 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
 研究所3号館1Fセミナールーム 他

■受講費:各コース 8,299円(昼食付)

ご多忙とは存じますが、皆様のご参加お待ちしております。
ご質問等ございましたら、メールにてお問い合わせください。
また、お急ぎの場合は、電話にてお問い合わせください。
※外来等で電話に出ることができない場合がございます。ご了承下さい。

遠方からのご参加の場合は、参加前日、当センター内宿泊施設をご利用いただくことも可能です。

※ご参考:ツイン4,000円(食事なし)・ シングル2,500円(食事なし)
ご希望の方がいらっしゃいましたらメール
(sdc@ncnp.go.jp 件名:宿泊希望 本文:氏名・連絡先・宿泊希望日)
にてご連絡ください。尚、部屋数に限りがあり、先着順となっております。ご了承ください。

※宿泊はWebではご予約いただけません。ご希望の方は必ずメールにてお申し出ください。
*************************

ご興味ある方は、ご参加下さい。

日本臨床動作学会のご案内
2016/09/03

日本臨床動作学会さまよりご案内をいただきましたので、皆さまにお知らせいたします。

*******************************************************************************
第24回日本臨床動作学会学術大会(長野大会)・第30回学会主催研修会開催のお知らせ
大会テーマ 現場から見つめなおそう臨床動作法

日 時 : 2016年10月28日(金)〜30日(日)
    ■第24回臨床動作学会学術大会 : 10月28日(金)午後1時〜29日(土)午前中
    ■第30回学会主催研修会    : 10月29日(土)午後1時〜30日(日)午後3時まで
会 場 : 長野市生涯学習センター
   〒380-0834 長野県長野市鶴賀問御所町1271-3 TOiGO WEST3・4階
学会HP : http://www.kennetsys.info/9011/
   ※参加申し込みは上記大会ホームページからどうぞ

【交通】: JR北陸新幹線長野駅下車(善光寺口)から徒歩約10分
大会事務局 長野県松本市城山12-1 信州臨床動作法研究会
 FAX : 026-403-4911
 E-Mail : dohsa2016@gmail.com

多くの方のご参加をお待ちしています。

「公認心理師」発足記念シンポジウム
2016/08/20

公認心理師は「教育・発達」支援にどう貢献するか? −課題と展望−

2016年8月28日(日)13:00−16:00
筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室にて。
資料代500円。定員200名程度。(予約必要なし)

<プログラム>
1. 挨拶・企画主旨(13:00-13:15)
子安増生((社)日本心理学諸学会連合理事長/甲南大学)
2. 公認心理師のめざすものと日本心理研修センターの役割(仮題)(13:15-13:35)
村瀬嘉代子 ((財)日本心理研修センター理事長/(社)日本臨床心理士会会長/
大正大学名誉・客員教授)
3.心理学の立場から(13:35-13:55)
長谷川寿一((公社)日本心理学会理事長/東京大学)
4.医学の立場から(13:55~14:15)
市川宏伸((社)JDD ネットワーク理事長/東京医科歯科大学)
・・・休憩(14:15-14:35)・・・・
5.行政の立場から(14:35~14:55)
森下 平(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 特別支援教育企画官)
6.「教育・発達」領域における公認心理師の役割(14:55-15:40)
・石隈利紀((社)日本学校心理士会会長/東京成徳大学)
・柘植雅義((財)特別支援教育士資格認定協会理事/筑波大学)
・荘厳舜哉((社)日本臨床発達心理士会幹事長)
7.総括と閉会挨拶(15:40-16:00)
上野一彦(特別支援教育士資格認定協会副理事長/東京学芸大学名誉教授)

パンフレット → http://jassma.org/topic-app/20160828.pdf

一般社団法人日本心理諸学会連合 法人化記念シンポジウム
2016/08/20

「社会に貢献する心理学」

2016年9月19日(月・祝)14:00〜17:00(開場13:30)
東京大学伊藤国際学術研究センターにて。
参加費無料。定員400名

<第1部>一般社団法人日本心理諸学会連合の法人化と今後
  市川伸一氏、子安増生氏、太田信夫氏
<第2部>公認心理師法の施行に向けて(シンポジウム)
  森信二氏、鶴光代氏、中嶋義文氏、子安増生氏

パンフレット → http://jassma.org/topic-app/20160919.pdf

新規嘱任教員公募情報
2016/04/14

早稲田大学 文学学術院から教員の公募情報が届いております。
****************************************************

学習心理学[募集要項]

1.募集領域
   学習心理学(動物実験・観察アプローチによる、神経科学、行動分析学、
あるいは実験心理学)

2.採用人数
   1名

3.採用職名
   教授、准教授、または専任講師

4.担当予定科目
 文学学術院設置の科目(主として文化構想学部・文学部関連の諸科目)
 ・「学習心理学」の領域に関する文学部の卒業論文指導
 ・心理学演習(基礎実験)/ 心理学演習(学習心理学実験)
 ・学習心理学/行動分析学/動物心理学/心理学概論
 ・大学院文学研究科の講義または演習
*実際の担当科目は、嘱任決定後、文学学術院の所定の会議において決定されます。

5.給与などの待遇
   本大学の教員就業規程による

6.採用時期
   2017年4月1日

7.応募資格
(1) 大学等の教育・研究機関での教職歴を有すること
(2) 博士学位の取得者、もしくはそれと同等の学識・業績を有する者
(3) 日本語で十分な大学業務、及び授業ができること
(4) 文学部心理学コースが保有する動物実験棟の管理ができること
*動物を研究するにあたって、研究費は他の文学学術院教員と同条件である

8.提出書類
(1)本学術院で教育・研究に従事することを希望する理由を述べた理由書   1通
〔A4用紙(40字×30行)1頁〕
(2)「早稲田大学文学学術院教員応募履歴書」(教育研究業績を含む)   1通
(下からダウンロードしてください)
(3)主要な研究業績の現物(抜き刷り・コピーでもよい) 5点以内
(4)「文化構想学部・文学部 講義試案(2種)」(下からダウンロードしてください)
1通
※提出書類の封筒のおもてに、必ず「学習心理学 応募書類在中」と朱書きしてくださ
い。
※提出書類は原則として返却いたしません。著書などの返却を希望される場合は、応募
 の 際に、宅配便の着払いの用紙(必要事項記入済み)を貼った封筒を同封してくだ
 さい(8月31日までに返却いたします)。
 それがない場合は返却いたしかねますので、ご留意ください。
※「早稲田大学文学学術院教員応募履歴書」(教育研究業績を含む)と「記入要領
 (記入例を含む)」は、ここからダウンロードしてください。
 http://www.waseda.jp/flas/application_form/
 「早稲田大学文学学術院教員応募履歴書」(教育研究業績を含む)は、必ず所定の
 ものをご使用ください。
※「文化構想学部・文学部 講義試案(2種)」は、ここからダウンロードし、指定に
 したがって記入してください。
 http://www.waseda.jp/flas/glas/assets/uploads/2016/04/11-proposal_for_lecture.doc

9.応募期間および書類送付方法
 期間 2016年4月8日(金)〜5月27日(金)17時必着(締切厳守)
 書留郵便で下記の「11.書類送付および問合せ先」まで送付してください。
   ※持ち込みは受け付けません。

10.選考日程
(1)第一次選考:選考結果を2016年6月24日(金)までに応募者に通知いたします。
(2)第二次選考:6月下旬〜7月上旬(詳細は第一次選考通過者に通知いたします)
   ※面接等を行う場合、旅費は応募者の自己負担となります。

11.書類送付および問合せ先
 〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
 早稲田大学文学学術院 人事審査委員会事務局
 E-mail:bungaku-koubo@list.waseda.jp

備考
早稲田大学は、国際化、男女共同参画などダイバーシティの実現を推進しております。
教員採用・昇進の人事審査において、国籍、性別、信条、障がいを理由とするいかなる
差別も行なわないことを申し合わせております。

                              以 上

研修会のお知らせ
2016/02/09

2015年度第2回日本ストレスマネジメント学会主催研修会を開催いたします。
<日時>
2016年3月21日(月・祝)10:30〜16:30
兵庫教育大学ハーバーランドキャンパス 兵教ホールにて

<テーマ>
職場でのストレスチェックとストレスマネジメント
- 労働者のストレスチェック義務化を受けて −

労働安全衛生法に基づき、労働者のメンタルヘルス不調未然防止を目的にした「ストレスチェック制度」が、 2015年12月1日に施行されました。これを受け、今回はメンタルヘルスチェックの取り組み・実践・ストレスマネジメントの流れを体験的に研修 する場を企画いたしました。企業だけでなく、対人援助や教育など「あらゆる働く人」のセルフケアに役立つ研 修となると思います。皆様のご参加をお待ちしています。

詳細は、研修案内のページでご確認ください。

2016年度パブリックヘルス科学研究助成金の公募案内
2015/11/19

以下、公募の案内が来ていますのでお知らせします。

【公募内容】2016年度パブリックヘルス科学研究助成金
【公募先】公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 
【主な分野】ストレス科学 生命医科学
【応募資格】40歳以下(申請時)。 博士後期課程在籍の学生可
【金額】100万円/1件
【研究期間】1年
【提出方法】各部局長等の推薦(押印)を得て応募
【締切日】2015/12/11(応募先)
【決定時期】2016/3月上旬
【採択件数】最大10件
【HP】http://www.phrf.jp/josei/oubo.html

【健康心理学会】年次大会(第28回大会)のお知らせ
2015/07/19

健康心理学会より第28回大会の案内が来ました。
ご興味のある方はご参加ください。

■日本健康心理学会第28回大会のお知らせ
大会テーマ:健康心理学によるエンパワメント
開催日:2015年9月5日(土)〜9月6日(日)
開催場所:桜美林大学 町田キャンパス
プログラム速報版がでており,下記のHPをぜひご覧下さい。
http://jahp.wdc-jp.com/conf/28th/infomation.html

【発達心理学会】国際ワークショップのご案内
2015/07/19

発達心理学会主催の国際ワークショップが下記の要領で開催されます。
ご興味ある方はご参加ください。

日時:2015年8月28日(金)〜30日(日)
会場:大阪大学豊中キャンパス
講演テーマ:社会-認知的および感情的発達の困難性
      ―アセスメントと再教育プログラム―
講師:コヴィリュカ・バリシニコフ先生
(Dr. Koviljka Barisnikov,ジュネーブ大学)
定員:50名
申込フォーム:http://goo.gl/fp8ZJF
申込締切:2015年8月10日(月)
参加費:一般会員1万8千円、学生会員1万円
    一般非会員2万円、学生非会員1万2千円


案内状もご参照ください。→(pdfファイル)

ストレスマネジメント関連学会のお知らせ
2015/06/13

********************
◆第3回PHCのご案内◆
 The 3rd Psychology and Health Conference (PHC 2015) が2015年9月18日か ら20日にかけて上海にて予定されています。以下の2大会も同時開催の予定です。
・The 2nd International Conference on Educational Psychology and Applied Social Psychology (EPASP 2015)
・The 2nd International Conference on Positive Psychology and Well-being (CPPWb 2015)
 詳しくは大会ホームページ(http://www.engii.org/ws/Home.aspx?ID=581 へ のリンク)をご参照くださ い。
********************

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -